胎児が先天性の神経系障害を起こ

胎児が先天性の神経系障害を起こす危険性を低くするために葉酸というビタミンが大事な役割を果たします。
妊娠したら葉酸を多めに摂ることを推奨しているのが厚生労働省です。

葉酸の性質から考えても平均的な食生活を送っているだけでは妊婦に求められる量の葉酸は摂取できないでしょう。サプリなどを補助的に使って、リスク低減ができるくらいの葉酸を継続して摂取することが望ましいです。水に溶けやすいビタミンの葉酸は、胃が空っぽの時に一番吸収されやすく、葉酸を最も効率よく摂取できるのはベストなのが食間です。

可能であれば、一日の所要量をいっぺんに満たそうと考えず、何時間かおいて、分けて摂る方が身体に対して良い効果があるとされています。身体の中で一番効くのはいつかというと、寝ている間の肝臓の血流量は最も少ないので、就寝前の摂取がベストとされるのです。
重要な葉酸の役割として、血液の滞りを防ぎ、血行を良くすることは特に大事な役割です。

身体に様々な悪い影響を及ぼすのが血液循環の滞りで、腰や肩の痛みやコリ、冷え性、不妊なども血液の滞りが引き金になるとされているため、そのような症状に思い当たるところがあれば試しに葉酸を多めに摂るようにすると良くなるケースも結構あるようです。

ビタミンEを、葉酸と同時に服用することで血行改善効果は相乗的に高まると言われます。



妊活中は日常の飲み物にも気を配る必要があります。



多くの方が疑問に思うのは、コーヒーを飲んでも良いかという事ではないでしょうか?例えホットコーヒーであってもカフェインが体を冷やしてしまうため、体の冷えが禁物の妊活中には控えるに越したことはありません。


ですが、普段からコーヒーを愛飲していて控えると逆にイライラするという場合は、ストレスを無くすことを優先して、2、3杯を目安に楽しんだ方が、健康のためには良いと思います。

妊活中であるにもかかわらず、コーヒーのような飲み物が好きで、止められないという方に知っておいてほしいことがあります。

コーヒーにカフェインが含まれていることはよく知られていると思いますが、このカフェインは、体を冷やします。


体が冷えることによって血液循環が悪くなると、妊娠の際に重要な子宮の動きが悪くなってしまいます。



コーヒーのような飲み物が好きであったとしても、カフェインの摂取しすぎには注意してください。
計画的に妊活を進めるにあたっては、先に産婦人科で必要な検査を受けておくのが好ましいです。
検査の結果、体に問題が発見されなくても妊娠のための専門的なアドバイスや排卵周期から妊娠しやすい時期に性生活を持つようなアドバイスもしてもらえますので、安心です。

妊活を始めるにあたっては産婦人科に行って検査を受けてくださいね。

やっと初めての赤ちゃんが来てくれて、極力身体に良いことをするように努めました。


妊娠初期は身体の変化が大きいので、特に気をつけた方が良いと何度も実家や病院で聞いていたためです。
インターネットでも、雑誌の記事でも葉酸は妊娠初期の赤ちゃんに欠かせない栄養素だとされていましたから、すぐに葉酸サプリメントを買いに行きました。
ほとんど食事ができないくらいつわりがひどいときもありましたが、サプリメントは栄養補助食品と書かれており、食事をとれないときも飲めて安心できました。葉酸が不足するからと言われ、サプリメントは妊娠初期から欠かすことなく飲んでいました。


妊娠中期に入った頃、突然、赤ちゃんが大きくなるためにはカルシウムも必要だと気づき、飲めるだけの牛乳を飲んでいました。今までそんなことはなかったのですが、牛乳が合わなくなっていて激しい下痢になってしまいました。



それから、妊娠後期には鉄欠乏性貧血になっていて鉄剤のお世話になりましたが、後から考えれば、カルシウムや鉄分が妊娠初期から摂れるような葉酸サプリを選んでいれば良かったのかもしれません。ビタミンの一種である葉酸は、胎児の発育のために多めに摂ることを妊娠初期から心がけることが大事な栄養素です。
サプリメントやビタミン剤を扱うほとんどのメーカーで主成分の中に葉酸が含まれる製品を売っていますが、肝心なことは、選ぶときに配合されている成分を全て確認することです。特に、妊娠初期は身体が敏感になっているので合成添加物や香料を排除した安心して摂れる製品を選んでください。
妊娠してから時間をおいて、十分な量の葉酸が摂れていないと感じたなら決して遅くはないので、すぐ行動を起こしましょう。

赤ちゃんの発育を助け、健康に生まれてくるために葉酸が常に欠かせません。
それまで摂取していた葉酸が十分な量ではなく、葉酸の不足を自覚したら、すぐに動き始めて不足分を補う量の葉酸を摂るようにできる手段をとっていきましょう。