とりわけ妊娠初期に強化したいと

とりわけ妊娠初期に強化したいと言われるのが、ビタミンの一種の葉酸です。食材の中で、葉酸が何に多く含まれるかと言うと野菜の中でも、ほうれん草やモロヘイヤなどの葉物野菜に多いとされます。

加工食品としては、納豆が葉酸の供給源です。


葉酸を含んでいるのは畑の野菜だけでなく、海藻類、海苔などにも含まれるので、食生活の中に上手に取り入れ、欠かさず食べられると理想的です。果物の中では、イチゴが葉酸を多く含んでいるのでおやつならイチゴが良いでしょう。初めて赤ちゃんを授かったときは妊婦に必要なことをできるだけやってみました。初期の間こそ、身体に気をつけなさいと母も医師も異口同音に言っていました。インターネットでも、雑誌の記事でも積極的に葉酸を摂って、赤ちゃんの発育を促しましょうと書かれていたのでサプリメントで、葉酸を補うことにしました。思うように食べられないときもありましたが、何とかサプリを飲むことができたため食べられないときにも葉酸をしっかり摂ることができました。

最近、葉酸が身体に良いと言われるようになり、大量に摂取するとより効き目があると何となく思ってしまう方もいてもおかしくありませんが、いくら葉酸は水溶性で尿中に排出されると言っても、上限を超えて大量に摂ると思わぬ落とし穴があります。

例を挙げれば、発熱やじんましん、かゆみなどで、呼吸障害にまで至る重篤な例もあります。葉酸にも摂取の上限があり、成人で1日あたり1000μgとされます。それ以上摂らないように加減しましょう。果物を食べる事は妊活中であっても良い効果が期待できます。



でも、どうせ摂取するならば、さらに妊活に効果が出るような食べ方が出来たらもっと嬉しいと思います。
ご存知の方も居るかもしれませんが、果物の種類によっては冷えをとってくれるものが存在します。



代表的なものは、ぶどうやさくらんぼ、りんご、オレンジ、桃などです。そのまま食べる事が難しいという場合は、加工されたドライフルーツでも十分です。

アロマは心身の調子を整えてくれますので、妊活にも活用されています。



アロマを待合室で焚く産婦人科も出てきているのです。妊活をしている女性の間では、ローズのアロマが人気です。
ホルモンバランスを適正に保ち、不妊の原因となるストレスの解消に役立ちます。不安感を消し去り、妊娠するのに重要な女性ホルモンの分泌を促進するイランイランも試してみるといいかもしれません。
見た限りでは関係ないもののように感じますが、妊娠と歯の健康という二つのものの間には、重要な関連性があることが分かっています。

近年の研究により、歯周病というものが、早産あるいは低体重児などの危険性を上げるそうです。



妊娠中の治療は場合によっては安全性を考慮して制限されるものです。
妊活をしている方で歯医者さんにずっと行っていない場合は出来るだけ早く、受診するのがベターです。妊活中は体を冷やしてしまうことは望ましくないものです。なぜかというと、体が冷える事によって血行不良になり、卵巣や子宮などの妊娠に大切な器官が満足に働かなくなるかもしれないのです。多くの場合、冷えは足先から感じるようです。
いま、冷えに悩まれている方は、靴下を利用する「冷えとり健康法」といった方法などで体を冷やさないように工夫して、冷え性を改善するようにするのがおススメです。結婚したら、できるだけ早く妊娠したかったのですが、どの本や雑誌を読んでもサプリメントなどで、葉酸を妊娠する前から摂っていくことが障害の発生予防や発育の促進に役立つと、どこでも書いてあったため、葉酸をサプリで摂り始めました。
これはいつまで飲んだら良いのか気になって確かめてみましたが、一度に摂りすぎると悪影響もあるようですが、そこに気をつければ母子双方に葉酸は必要だということだったので、葉酸サプリメントは無事に出産できるまで飲み続けます。赤ちゃんを授かったらすぐに、葉酸が必要になるという話は広く知られるようになりました。

子供が健康に育つために必要なのはもちろん、お母さんが健康に過ごすためにも欠かすことのできない栄養素なのです。



それなら、いつ摂取することが一番大事なのかと聞かれるとなかなかわからないものです。葉酸は、妊娠直後に最も必要になるのです。しかも、授乳中も葉酸が不足しがちですから、授乳が終わるまで多めに摂り続けて欲しいのです。第二子が欲しいとなんとなく思いながら3年経ったあたりで妊娠できていなかったので、自分自身か夫の体の状態に悪いところがないか気になりだしました。

長男を育てる上でも病気があったら困りますのでこの際だから徹底的に検査を受けて、異常がなければ妊活をスタートしようと二人で話し合って決断したのですが、思い返してみると、この話し合いが妊活スタートの直接のきっかけですね。