なかなか妊娠に繋がらないと、心も体もすり減ってきます。

なかなか妊娠に繋がらないと、心も体もすり減ってきます。


ストレスは生殖機能に悪影響でそのまま継続しても負の連鎖となる恐れもあります。

それ故、思い切って妊活を休止したほうがいい場合もあるのではないでしょうか。

現実に、休んでみたら妊娠できたという例はよく耳にします。

年齢のタイムリミットを考慮し、医師ともよく話し合っていったん休むことも考えてみてはどうでしょうか。



妊活においては日常生活に様々な制限がかかることがありますが、喫煙はその最たるものだと言えます。
もうご存知とは思いますが、煙草を吸う事で体へ強く影響し健全な妊娠に差し障る場合があります。
当然のことですが、これは女性だけではなく男性側にも同じことが言えるでしょう。
女性は排卵障害、男性については、精巣の機能が低下するといった影響があるようです。妊活中の場合はご夫婦での禁煙をすすめ、身近な喫煙者にも協力してもらうのが良いと思います。


やっと初めての赤ちゃんが来てくれて、身体に良いと言われることはできるだけ実践しました。
特に注意が必要なのは妊娠初期だとずいぶん母にも医師にも言われました。
様々なネットのサイトや雑誌などで葉酸は赤ちゃんの発育にとって大事と書いてあったので葉酸サプリメントの購入を決め、すぐに飲み始めました。



つわりがひどいときにはほとんど食事がとれませんでしたが、何とかサプリを飲むことができたため食事をとれないときも飲めて安心できました。徐々に暑さが厳しくなってくると自然と「冷たいものが飲みたい!」と思ってしまうことが多いですが妊活の最中は、いつにも増して極力冷たい飲み物は避けるほうがベターだと言えるでしょう。

逆に、飲み物でも温かいものを飲んでいれば血の巡りがよくなって、妊娠しやすくなれるでしょう。



その他の生活全般においてもいつも体を温かくするよう気を付けましょう。



結婚したら、できるだけ早く妊娠したかったのですが、妊活の本や雑誌に妊娠前から継続して、葉酸を多めに摂ることが赤ちゃんの順調な発育を助けると、共通して書かれていたため、葉酸をサプリで摂り始めました。

妊娠できた後、いつまで続けたら良いのかと思って調べてみると、摂りすぎは禁物ですが、そうでなければ、授乳が終わるまで飲み続けるのが理想だとされていたので、今のサプリメントを出産まで飲もうと思っています。



妊娠は母体の過ごし方や精神状態に変化を与えるので、無意識のうちにそれがストレスとなって自律神経がバランスよく働かないこともありえます。ホルモンバランスが変動することや、毒素を排除しようとすることによって、つわりは引き起こされるのですが、様々なストレスが、自律神経の働きを乱すことで生じるケースもあるとされています。

葉酸は、ストレスへの耐性を高める役割を果たしています。そのためつわりの軽減も期待できるわけです。葉酸の含有量が多い食材としては葉物野菜の他、レバーや枝豆などが挙げられますがたくさん葉酸を摂るための目的で、特定の食材だけ毎日食べていくというのも正直大変です。

誰にでもできる葉酸の摂取方法として、スムージーがオススメです。

ごく普通のスムージーの作り方で、ミキサーを使い、葉酸が多い野菜の他に味をマイルドにするための果物、さらに水分を入れて、作るのも簡単、飲んでも美味しいスムージーが完成します。
妊活をしている方は食べ物は、体を温めるようなものを選ぶようにしましょう。野菜の中でも大根やごぼうや人参などといった土の下に根を生やすものは、体を温めてくれる作用があるので、いいでしょう。それとは逆に、「身体を冷やす野菜」は、きゅうり、なす、トマトなどの夏に穫れる野菜が多いです。果物の場合はデザートに少量食べるのはまだいいですがジュースの場合はたくさん飲んで体を冷やしてしまいやすいですから、あたたかい飲み物がベターです。
パッと見では何の関係もなさそうなのですが、実際には、妊娠と歯の健康というものには大変深い関係性があるのです。
最近の研究からわかってきたのですが、歯周病は早産や低体重児出産の発生の確率を高めているのです。妊娠していると治療に制限が出てきます。妊活をしていて、かつ、しばらく歯科にかかっていないという方はすぐに受診するのがベターです。

妊娠している女性と胎児の健康を考えるととても重要な栄養素の一つが葉酸です。



葉酸といえば、葉物の野菜に豊富に含まれています。
特に含有量が多い食材としては枝豆やほうれん草などが手に入りやすいでしょう。

ほうれん草というと母体と胎児のため、葉酸とともに摂取したい鉄分を多く含有する食材であり、できれば毎日食べたい野菜ですね。