妊娠しやすい体づくりのために、欠

妊娠しやすい体づくりのために、欠かせないのが質の良い睡眠です。



ヒトは睡眠不足が続いてしまうと活性酸素が産生され、その結果、卵子や精子の酸化が進んで、劣化します。


年齢が上がっていくと同時に性機能が落ちていくのをなるべく防ぐためにがんばって妊活をしている時は十分に睡眠をとるようにしましょう。
赤ちゃんがお腹にいる女性なら、胎児の順調な発育のため栄養素の中でも特に重要なのが「葉酸」です。何といっても「葉」なのでキャベツとかレタスのような葉物野菜に豊富だという印象を持たれますが、意外な供給源は果物で、イチゴを100g食べれば、90μgの葉酸が摂れます。

普段の倍くらいの葉酸を、妊娠中は毎日摂取しなければならないのでどんな食材に多く含まれているかを知って、毎食、確実に摂れると良いですね。妊婦には葉酸と聞いて、積極的に摂ろうとしている方も多いのではないでしょうか。
頭に入れておいて欲しいのは、食材の中で、葉酸をたくさん摂れるのは何なのかでしょう。

名前が「葉」の「酸」なので、ほうれん草やモロヘイヤなど、葉物野菜には豊富です。

意外なところでは、マンゴーからも多くの葉酸が摂れます。


私の妊娠がわかったのは、マンゴーの旬である夏だったのでお医者さんのすすめもあって、よく食べていました。

マンゴーは食物繊維もたくさん含んでいるので、便秘にも効果があるそうです。
現在の日本で、先天性奇形の子供がどのくらい生まれているかというと出生数に対して、およそ4%です。高齢出産などがその要因に挙げられますが先天性奇形の危険性を低下させるビタミンとして挙げられるのがビタミンMとも言われる葉酸です。
ことに最も胎児の細胞分裂が盛んな時期、妊娠初期にきちんと摂ることが一番大事で、妊娠がわかったときから、葉酸は絶対欠かせない栄養素と言っても言いすぎることはありません。
何とかして女の子を授かろうと思い、本やサイトで男女産み分け法を丹念に調べて実行しました。野菜中心の食事で女の子だとか、肉食だと男の子だなどと真偽のほどはわからないのですが、可能な限りの方法を試してみました。


産み分けを実行している途中で赤ちゃんがお腹にいることがわかり、ひどいつわりに悩まされたときもサプリメントで葉酸を摂っていたためか無事に女の子を産むことができたのです。

赤ちゃんがお腹にいる方にとって葉酸の摂取はとても大事です。葉酸という名の通り、葉物を中心とした緑黄色野菜に多く含まれると考えてください。


主な食材と言えば枝豆、ほうれん草などです。



そして、ほうれん草ならば、葉酸と同じくらい、妊娠中には欠かせない鉄分も豊富に含んでいることで知られておりぜひ毎日の献立に取り入れることをすすめます。

妊娠中に欠かせない葉酸は、葉物野菜の他、ゴーヤーにも思いの外豊富です。

葉酸を摂ることを目的として旬のゴーヤーは食べて欲しいものですが、一度にたくさん食べないよう注意してください。

どんなに身体に良いものであっても、過剰に食べると胃もたれや下痢と言った身体の不調が現れる人もいるそうです。
身体の不調が続くと、赤ちゃんがストレスを受けることにもつながってしまいます。赤ちゃんがほしいと妊活に努める方は、お守りの力に頼ってみてはどうでしょう。

一例を挙げると長谷寺という鎌倉のお寺は子宝と縁があり、このお寺で扱われているお守りは、妊活時の気持ちを落ち着かせ、安心させてくれます。

さらに、パワーストーンなども妊活のお守りとして使われていますから、いくつかのお守りを持ってみるというのもいいかもしれないですよ。カフェインは、妊活をしている間は避けたいものです。そのため妊活中はよく飲まれる飲み物としてハーブティーが挙げられます。その一番の理由として、体にいいということが言えます。


一例として、女性に多い冷え性であったり、生理不順であったりを緩和させることが出来ます。


他にも、効能として、リラックスできるというものもあります。ストレスは妊活している人にとって最も避けるべきものの一つですが、それを発散する効果があるそうです。ちょうど妊活をしているところという人はなるべく早く妊娠したいと思っておられるのではないかと思います。
毎朝、基礎体温を記録したり、体を冷やさないようにするといった一般的にされるようなことはもう実行されていると思います。風水の観点から行くと、多くの実を付けるざくろの絵を寝室の北側へ飾ることが妊娠に効果があるとされています。出来れば寝室自体も北にした方がもっと良いということです。