妊娠すると葉酸がたくさん必要になると言って、妻は

妊娠すると葉酸がたくさん必要になると言って、妻はサプリメントを飲み始めました。私には関係ないと思っていましたが、そんなに必要なものなら飲んでみたいと妻に言うと、「男性が飲んでも意味がない。

妊婦と赤ちゃんのための葉酸だから」と相手にされませんでした。



しかし、決められた量なら飲んで悪いことはないだろうと妻には内緒で葉酸サプリを試してみました。サプリを飲む前に比べれば、心なしかお酒が翌日以降も残ることがなくなって、大きな口内炎ができにくくなったのではないでしょうか。最近、だいぶ浸透してきた話ですが、妊娠中の女性だけでなく、授乳中のお母さんにも葉酸はとても重要です。
お腹の中にいる間はもちろん、生まれてきた赤ちゃんも全身の細胞分裂が活発に行われる中で外界に適応するべく成長するのです。

いうまでもなく、そこで葉酸が必要になるのです。そして、出産から授乳まで、母体が変わる過程でも葉酸が使われ、母体にも、母乳を通して赤ちゃんにも必要とされることから、子供を授かりたいと望んだときから、母乳を与えるのが終わるまで葉酸を毎日十分に摂っていければ最高です。初めての妊娠に気づいたときから極力身体に良いことをするように努めました。

初期の間こそ、身体に気をつけなさいと何度も実家や病院で聞いていたためです。多くの本や雑誌、インターネット上の記事に積極的に葉酸を摂って、赤ちゃんの発育を促しましょうと書かれていたので葉酸サプリメントの購入を決め、すぐに飲み始めました。
つわりがひどいときにはほとんど食事がとれませんでしたが、そんなときもサプリメントは飲めたので食事をとれないときも飲めて安心できました。



これまでほとんど便秘することはなかったのに、妊娠してから便秘しやすくなったという方はけっこう見受けられます。


腸の働きを正常にするためにも、正常な腸内環境でないと食事やサプリメントなどで栄養素を摂っても腸から吸収されなくなります。葉酸などの栄養素も、腸内細菌の働きによって吸収が進むわけで栄養を摂ることと同じくらい、腸内環境を整えることも意識していくべきです。葉酸の所要量を妊娠中の女性で考えると、他の栄養素と同様、妊娠していない人より多く、ほぼ倍にあたる480μgを摂取すると不足にも過剰にもならない量です。



しかし、どんなに重要な栄養素であっても、葉酸の摂りすぎには十分注意してください。
大量の葉酸を摂り続けると全身の症状として、発熱やかゆみなどを起こしてしまうこともあります。



サプリメントや錠剤の服用も、過剰摂取にならないよう注意すべきです。

人間にとって、葉酸は他のビタミンと同様、欠かすことができない栄養素です。サプリなどの服用は、普通の食生活を送っている方には不要ですが先天性の障害などを防ぐため、妊娠初期は葉酸をしっかり摂らなければならないので毎日意識して摂っていかないとたちまち葉酸不足に陥る可能性もあります。

葉酸を摂るためのサプリメントなどの開始時期は、妊娠したとわかったときから、すぐ始めるのが最善だと言えます。また、妊活中の女性は意識して摂取して欲しいというくらいで、葉酸の摂取に早すぎることはありません。



妊娠しやすくなるために、大変重要なのは質の良い睡眠です。


人間は睡眠が足りない状態が続くと、活性酸素が産生され、そのことが原因で、卵子や精子の酸化が進んで、劣化します。年齢が上がるにつれ、衰えていく性機能を少しでもキープするため、妊活の最中は十分に睡眠をとるようにしましょう。

水に溶けやすいビタミンの葉酸は、吸収率のピークが空腹時なので、葉酸を最も効率よく摂取できるのは食間が一番良いとされています。
できれば、所要量を一度に摂るのではなく数回に配分して摂った方が効果はあるとされます。時間帯としては、いつ摂るのが最も効果的かと言われれば就寝中に肝臓の血流が減るので、その前に飲むのがベストとされるのです。


サプリメントの一つに、マカというものがあります。これは何かというと、効果として、男性のスタミナアップが挙げられるのですが、それだけではありません。

妊活をしている女の人の血行促進作用があるため、体を妊娠しやすい状態に整えられます。
それだけではなく、ホルモンのバランスを整えてくれるという働きもあり、基礎体温の乱れがなくなり、体の中をより安定した状態にすることに貢献してくれます。食生活に気を付けたり、適度な運動を心がけたりと、実際の妊活を継続していると、やがてくたびれてくる方もいるだろうと思います。



そんな時には気晴らしのためにも有名な子宝神社を参拝してみてはどうでしょうか。



一度、神様に頼んでみることも気持ちを上手く切り替えるチャンスになるのではないでしょうか。